交通事故をスムーズに解決する方法

身近な事故、交通事故。法律から見えてくるものもさまざまですが、その場での対応の仕方を考えてみました。

交通事故をスムーズに解決する方法

身近な交通事故、法律とその場での対応

毎日どこかで起こっている交通事故。非常に多いですよね。車を運転される方なら、事故を目撃されたことはあると思います。小さな事故から大きな事故までそれはさまざまですが、停車中に後ろを当てられるいわゆるオカマを掘られる事故は最も多いケースだと思います。事故を起こす方も、起こされる方もこういった場合はたいていパニックになります。何をしたらいいのか、どういった行動をまず起こすべきなのか、パニックに陥ったときには判断をしかねます。まずは、身の安全ですよね。双方に怪我はないかどうかの確認。当然、怪我等があった場合には早急に病院へ連れて行く必要があると思います。この判断は、戸惑うことなく行う必要がありますよね。

そして、警察を呼ぶことです。これを怠ったばかりに、後で大変な目にあったというケースを何度か聞いたことがあります。警察を呼び適切な事故処理を受けてこと、とても大切なことです。警察の介入がない場合、双方での示談ということになりますが、この示談が最も危険な行為になります。当然、お互いの主張を行う場合が多いので、示談の解決は困難です。そういった場合は、迷わず、「保険会社と弁護士を通じて話をしてください」と言うのが賢明です。その時には、お互いの免許証を確認し、連絡先を控えておくことも忘れずに。しかし、法律よりも先にも書いたようにまずはお互いの身の安全の確認が一番です。

おすすめ情報